KOUTAの映画DASH!!

映画、劇、色んな作品を簡単に、出きるだけ短時間で気ままにレビューするブログ。

『ウォー・マシーン 戦争は話術だ!』評価&レビュー【Review No.187】

f:id:Ko-tachannel:20170618022546j:plain

■映画情報


公開日/2017年5月26日

上映時間/122分(2時間02分)

監督/デビッド・ミショッド

製作国/アメリカ

■予告


■あらすじ

ひとりの将軍の栄光と衰退を通し、軍事力だけでは解決できない現代の戦争の裏側を描き出す。アフガニスタン駐留米軍司令官に任命された生粋の軍人グレン・マクマホン陸軍大将は、泥沼化する戦争に終止符を打つべく意気揚々と戦地に乗り込む。しかし、ジャーナリストや政治家たちの様々な思惑に振り回されるうちに、事態は混迷を極めていく。

引用元:ウォー・マシーン 戦争は話術だ! : 作品情報 - 映画.com

■Review

f:id:Ko-tachannel:20170618100718j:plain

『ウォー・マシーン 戦争は話術だ!』(原題:War Machine)は、ネットフリックスのオリジナル映画作品で、
主演にブラッド・ピットという形で、TwitterYouTubeでもかなりの数で宣伝をしていました。

また、ブラッド・ピットの映画制作会社「プランB」とネットフリックスの共同製作の作品でもあります。


スポンサーリンク




先程もいった通り、ブラッド・ピットが主演することと、宣伝をかなりの数でやられていたので今回見ました。
まぁ、それでも見ていたとは思います。


タイトル通り、話し合いが多いです。その話し合いに関しては、興味深いものやそうでもないような内容だったりもありました。
ただ、その話し合いは戦争の裏側であったり、戦争と政治の関係性はこんな感じですよ。というのを写してくれています。


それが良い部分もあれば、悪い部分もありました。別に私は話し合いの映画は嫌いではないですが、こういうのは内容の深美であったり、話しているキャラクターが良かったりしないと魅力的には感じられません。
今回は内容の方が弱かった気がします。


そもそもあまり話で解決しよう!というよりかは、普通の戦争映画でも見れる「こうした最適化」など聞きなれた内容ではありますし、
政治家やオバマ前大統領の皮肉った内容もありますが、別にそこまで皮肉ってはいません。


話の内容も伝えたいことや言いたいことがバラバラ過ぎますし、面白い箇所もありますが面白いこともあれば、そうでもない感じもあります。


だから全体的にそういう話し合いの中で
響くものや教訓にしようとするものが無さすぎて、
重く見ることはありませんでしたが、なんかイマイチな内容だなとは思いました。




f:id:Ko-tachannel:20170618100747j:plain




良い部分もあるにはあります。
キャラクターが個性的ではありました。


9人くらいかな?それくらいのチームが中心の映画ではありましたが、これだけ多くいるのに誰が誰だか分かりやすいし、
チーム内が結構熱い友情で結ばれている部分が分かりますので、話し合いよりかはこっちの方が面白かったです。


全体的に演技としてはなんかアニメっぽいですね。
特にブラッド・ピットは本人に似せようとしていたのか分かりませんが、演技が結構アニメのように感じました。
ただ別にそれが悪い方向に行っていなかったのでいいですが



そんな感じですね。


■評価


f:id:Ko-tachannel:20170618100806j:plain


最終評価は・・・





☺☺☺☺⚫|⚫⚫⚫⚫⚫

4/10です。

 


はい、別に見ても見なくても良いような作品です。
あまりこれを万人が好きと言えるような作品だとは思いません。

特に響くものはないので、すぐに忘れてしまうかもしれないです。

ブラッド・ピットの演技を見たいよと言う方にはオススメはします。





はい、そんな感じで!

それでは!